格安sim楽天モバイル

格安simの楽天モバイルならスーパーホーダイ月額1480円が激安って本当?

 

 

 

格安sim楽天モバイルはなぜ安くなる台風の目なの?

 

 

 

移動体通信事業者(MNO)に参入する格安sim楽天モバイルについての基本的なポイント

 

 

 

MNO

 

 

 

MNOは移動体通信事業者ドコモやKDDI・ソフトバンクが該当する。

 

 

 

言わるキャリアと言われるドコモ・au/ソフトバンクのこと、

 

 

 

このMNO業者に楽天モバイルが独自回線を第四の通信キャリアとして参入するのが今年、2019年10月だ。

 

 

 

MVNO

 

 

 

MVNOは仮想移動体通信業者で楽天モバイルもすでにサービスを提供している。

 

 

 

仮想移動体通信業者(MVNO)はキャリアの回線を借りてサービスを提供している通信業者のこと

 

 

 

移動体通信事業者(MNO)は無線通信のインフラを借りてデーター通信や音声通信サービスを提供している

 

 

 

楽天モバイルの強みメリット

 

 

 

楽天モバイルが最強の理由は

 

 

 

楽天市場と楽天カードのメリット+楽天モバイル

 

 

 

楽天市場のポイントや楽天カードでの支払い利用

 

 

 

ポイントの統一とポイントが加速的に増加する可能性が大きい!

 

 

 

もちろん楽天ポイントで楽天モバイルの料金支払いもできる!

 

 

 

楽天モバイルの最大の武器は何でしょう?

 

 

 

楽天モバイルは 移動体通信事業者(MNO) に新規参入だから

 

 

 

既存のネットワークインフラを一切持っていない事に目をつけろ!

 

 

 

新規参入だからネットワーク構築は最新の機材と処理技術のみで構築される楽天モバイルのMNOは高速で低価格になる大化けの可能性が実現できることですね♪

 

 

 

楽天モバイルスーパーホーダイ

 

 

 

誰でも月額基本料金が1480円の契約ができますよ♪

 

 

 

格安sim楽天モバイルのスーパーホーダイが月額基本料1480円で安いだけじゃない!

 

 

 

プランS2GBプランの3年契約で楽天会員が月額2年間1,480円、

 

 

 

但し3年目以降は2980円に跳ね上がる

 

 

 

 

 

 

月額980円の裏技

 

 

 

ところが楽天ダイヤモンド会員なら月額980円でダイヤモンド会員の月のみ500円の割引がされる。但し該当する楽天会員に1回線のみの適用だから複数適用はないから注意が必要。それでも楽天市場のユーザーならプラチナ会員は結構ハードルが高いがダイヤモンドランクは比較的容易ともいえるから該当すれば格安sim楽天モバイルがさらに激安になるテクニックと言える。

 

 

 

楽天ダイヤモンド会員の500円割引は開通月から12カ月までだけの適用のようだ

 

 

 

コレって凄いと思いませんか?

 

 

 

プランS2GBプランの3年契約 のコスト

 

 

 

1年目ダイヤモンド会員なら980円×12=11760円

 

 

 

2年目楽天会員で1,480円×12=17,760円

 

 

 

3年目は2,980円×12=35,760円

 

 

 

3年合計で65,280円

 

 

 

3年解約で2年間利用後解約した2年トータルの費用は

 

 

 

117,760円+17,760円+解約コスト9,800円=39,320円

 

 

 

2年間の平均月額料金は1638円

 

 

 

プランS2GBプランの2年契約 のコスト

 

 

 

1年目ダイヤモンド会員なら1,480円×12=17,760円

 

 

 

2年目楽天会員で1,980円×12=23,760円

 

 

 

2年間合計で41,520円

 

 

 

このケースでの2年間月額平均コストは1,730円となる

 

 

 

ダイヤモンド会員でないケースでは最初の1年間月額500円割引がないから2年間平均月額で月当たり250円加算すればよい。2年契約なら月額1730円+250円で1980円になる。

 

 

 

 

 

 

 

最大1Mbps

 

 

 

データー通信も高速使い切っても最大1Mbpsの速度通信ができる!
sim契約を3G程度で契約しても、3?使いきっても1Mbpsのスピードだから普通の利用なら差し支えないレベルだから楽天モバイルの大きなメリットと言える。

 

 

 

国内通話10分以内かけ放題

 

 

 

さらに楽天モバイルのスーパーホーダイは国内通話が10分以内かけ放題
が付いている!
別料金支払わなくても通話sim3年契約すれば1480円で10分以内かけ放題だ。

 

 

 

キャンペーン機種一押しは?

 

 

 

通話simとのセット販売端末の HUAWEI nova lite 3 が7,880円で買える!

 

 

 

通話simで分割払いなら354円(楽天カード利用の場合か?)

 

 

 

楽天モバイルのスーパーホーダイの月額料金3年契約で1,480円を足しても

 

 

 

合計月額料金最低1,834円になるからこれ凄すぎ!

 

 

 

データーsimと HUAWEI nova lite 3 なら一括15,980円

 

 

 

データーsimのSMS がついてもつかなくても

 

 

 

HUAWEI nova lite 3 の本体の購入価格は

 

 

 

一括払いで15980円

 

 

 

分割だと24回払いで約719円となる

 

 

 

HUAWEI nova lite 3 のスペックは魅力的

 

 

 

基本 商品名 HUAWEI nova lite 3
カラー オーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラック
サイズ
(高さ/幅/厚さ) 155.2 x 73.4 x 7.95(mm)
質量 約160g
ディスプレイ
(サイズ/種類/解像度) 約6.21インチ/TFT/2,340 x 1,080 ドット FHD+
CPU HUAWEI Kirin 710/ オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
バッテリー容量 3,400mAh
SIMサイズ nano
外部接続端子 microUSB
対応回線 ドコモ回線/au回線 ※au回線はWebのみ受付
OS / メモリ OS Android? 9/EMUI 9.0.1
外部メモリ microSDXC? 512GB
内部メモリ
(RAM/ROM) 3GB (RAM) / 32GB (ROM)
カメラ メインカメラ(外側) 1,300万画素/200万画素
フロントカメラ(内側) 1,600万画素

 

 

 

最新機種だから

 

 

 

コストパーフォーマンスが最高ですね♪

 

 

 

楽天モバイルMNO

 

 

 

楽天モバイルは2019年10月以降、自社回線MNOに移行の予定だ!

 

 

 

今の回線は、ドコモ回線とAU回線利用だが、楽天独自のMNO回線になる

 

 

 

mnoは移動体通信の事業者のこと。

 

 

 

ドコモやKDDI、ソフトバンクがMNOにあたる。

 

 

 

今年2019年10月に楽天モバイルはMNO(移動体通信事業者)になる

 

 

 

 

 

 

今現在では、 MNO回線への移行が推薦と言うことのなっているが・・・

 

 

 

今使っている楽天の格安simはドコモ回線かau回線を選んで楽天の格安simを契約しれ利用しているワケだが

 

 

 

10月以降はどうなるの?

 

 

 

公式には、

 

 

 

 

2019年10月以降、専用SIMカードを順次送付いたしますので、お手元に届き次第 交換するようにお願いいたします。
送付時期、手続き等に関する詳細情報は、改めてご案内いたします。

となっていますね・・・

 

 

 

SIMカードを交換していただけない場合でも、楽天モバイルのネットワーク(MVNO)を継続してご利用いただけます。

 

 

 

と公式サイトに記載されています。

 

 

 

この点サポートに伺ってみると微妙な回答も出てくるのでよくわかります。

 

 

 

楽天モバイルの自社回線対応機種

 

 

 

【OPPO】Find X (CPH1875)、R17 Pro (CPH1877)、AX7 (CPH1903)

 

 

 

【SHARP】AQUOS sense lite SH-M05、AQUOS R compact SH-M06、

AQUOS sense plus SH-M07、AQUOS sense2 SH-M08、AQUOS R2 compact SH-M09

 

 

 

【HUAWEI】HUAWEI nova lite 3 (POT-LX2J)

 

 

 

現段階ではすべての機種が 自社回線(MNO) に対応しているわけではない!

 

 

 

だたし上記対応機種は7月現在で今後加速的に増加するだろう!

 

 

 

MNO 対応simに変更すると旧simは無効となるようだ!

 

 

 

楽天モバイル セット販売端末比較

 

 

 

HUAWEI P30 lite SIMフリー

 

 

 

発売延期

 

 

 

現在7月31日も発売延期の表示があり購入ボタンがありません

 

 

 

通話simとの組み合わせで

 

 

 

機種代金は分割払い1349円(税込)

 

 

 

一括払い32378円(税込)

 

 

 

2回線目以降の端末価格は5,000円引きになる

 

 

 

スペック

 

 

 

ディスプレイ  約6.15インチ / TFT / 2,312 x 1,080 ドット FHD+

 

 

 

cpu HUAWEI Kirin710 / オクタコア2.2GHz+1.7GHz

 

 

 

OS Android? 9/EMUI 9.0.1

 

 

 

外部メモリ microSDXC? 512GB

 

 

 

内部メモリ  4GB (RAM) / 64GB (ROM)
(RAM/ROM)

 

 

 

メインカメラ 約2,400万画素 広角レンズ / 約800万画素 超広角レンズ / 約200万画素 被写界深度レンズ

 

 

 

フロントカメラ 2,400万画素

 

 

 

ZenFone 5 

 

 

 

現在、申し込み多数によりお申し込みの受付を中止しております。 とあり受付停止中です

 

 

 

機種代金は分割払い1389円(税込)

 

 

 

一括払い30880円(税込)

 

 

 

2回線目以降の端末価格は5,000円引きになる

 

 

 

スペック

 

 

 

ディスプレイ  約6.2インチ/Super IPS/2,246 x 1,080 ドット FHD+

 

 

 

cpu QualcommR Snapdragon? 636/オクタコア 1.8GHz

 

 

 

OS Android? 8.0

 

 

 

外部メモリ  microSDXC? 400GB

 

 

 

内部メモリ  6GB (RAM) / 64GB (ROM)
(RAM/ROM)

 

 

 

メインカメラ 1,200万画素 /広角カメラ800万画素

 

 

 

フロントカメラ 800万画素

 

 

 

 

ASUS ZenFone Max

 

 

 

現在、申し込み多数によりお申し込みの受付を中止しております。 とあり受付停止中です

 

 

 

機種代金は分割払い891円(税込)

 

 

 

一括払い19,800円(税込)

 

 

 

QualcommR Snapdragon? 660 オクタコア(1.95GHz)

 

 

 

 

約6.3インチ , IPS液晶ディスプレイ

 

 

 

 

Android? 8.1

 

 

 

メインメモリー4GB ストレージ4GB

 

 

 

通信機能

 

3G : B1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/28
TDD-LTE : B38/41
GSM : 1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz
IEEE 802.11b/g/n
BluetoothR 5.0

 

 

 

 

アウトカメラ:約1,200万画素+約500万画素
インカメラ:約1,300万画素

 

 

 

 

ax7

 

 

 

 

機種代金 分割払い224円(税込)

 

 

 

一括払い4,980円(税込)

 

 

 

2回線目以降の端末価格は5,000円引きになり0円

 

 

 

スペック

 

 

 

ディスプレイ
(サイズ/種類/解像度) 6.2インチ/TFT/1,520 x 720 ドット HD+

 

 

 

CPU QualcommR Snapdragon? 450/オクタコア 1.8GHz
バッテリー容量 4,230mAh
SIMサイズ nano
外部接続端子 microUSB

 

 

 

OS / メモリ OS Color OS5.2 (Based on Android 8.1)
外部メモリ microSDXC? 256GB
内部メモリ
(RAM/ROM) 4GB (RAM) / 64GB (ROM)
カメラ メインカメラ(外側) 1,300万画素/200万画素
フロントカメラ(内側) 1,600万画素